マンションのリフォームで気をつけたいことまとめ

リフォームやリノベーションの注意点

リフォームやリノベーションの流れ

一つの業者に依頼するのではなく、複数の業者の見積りをとりましょう。 工事も商品ですので比較するようにしてください。 価格競争ではなく、同じ条件でどのような内容の見積りが出てくるのかを比較するためです。 納得のいく見積りで工事業者を依頼しましょう。

工事の相見積りは必ずとりましょう

まずリフォームやリノベーションの流れを知っておきましょう。

リフォーム、リノベーションの目的や希望、予算などを決めます。
そして住宅診断業者を利用して住宅の診断をして建物の状態を把握します。
リフォーム時の建物の劣化や腐食などは予算が加算される1番のリスクとなりますので、そのリスクを抑えるためにしっかりと専門業者に見てもらうようにしてください。
ここでリフォーム、リノベーションに向いているかどうか判定します。
不向きならば建て替えになりますので、リフォームは中止となります。

診断を終えたらリフォーム、リノベーションの段取りを始めます。
複数の業者で見積りをとり、工事を依頼する業者を決めます。
見積り結果を比較してしっかりと要望を反映させているか、住宅診断が活かされているか確認しましょう。
そして工事業者と契約し工事を発注します。
発注して着工する前に借り住まいに引っ越しましょう。

着工して完成までは業者に任せますが、その間スケジュール通りに進んでいるか、ミスなど品質のチェックをするようにしてください。
工事中の住宅検査業者に依頼するのも良いでしょう。

リフォーム、リノベーションが完成しましたら施主の検査をします。
検査に自信がなければ専門業者による第三者の検査をしましょう。

検査が終了し問題がなければいよいよ引渡しです。
ここで残代金の支払いをします。

以上が大まかなリフォーム、リノベーションの流れです。
この流れの中でもいくつか注意点がありますので、確認しておきましょう。

業者の種類と注意点

リフォームやリノベーションでの1番の悩みは、どの業者に工事を依頼するかでしょう。 業者の質や対応でリフォーム、リノベーションが成功するかどうかを大きく左右します。 失敗しないためにも見積りの価格だけではなく、業者の質を見分けるのも重要なのです。

マンションのリフォームの注意点

マンションのリフォームはどこまでリフォームしていいのか、どこがリフォームしてはダメなのか法律で定められています。 勝手にリフォームしてはいけない所、自由にリフォームして良いところがあるのです。 難しい部分が多いのですが、マンションの規約に沿ってリフォームしましょう。

TOPへ戻る