リフォームやリノベーションの注意点

リフォームやリノベーションの流れ

どんな工事でも相見積りはとりましょう

リフォームを依頼する業者選びの材料に欠かせないのが見積りです。
いくつもの業者に見積りを依頼するのは少々悪い気もしますが、遠慮はいりません。
複数見積りをとっている場合は、マナーとしてその旨を他業者に伝えてください。
同じ条件で見積りを比較して納得のいく見積りの業者に依頼しましょう。
相見積もりの比較材料としては、どのような価格になるのか、どんなサービスがあるのか、対応は良いのかというところです。
ですから、相見積もりをする場合は同じ条件で見積りをとりましょう。

完成後検査を専門業者に依頼する場合は、見積り時に伝えておきましょう。
段取りをスムーズにするためだけではなく、抑止力にもなります。
検査に自信のない方は活用しましょう。

相見積もりでチェックすること

業者の見積りをチェックする場合、詳細な項目が書かれていること、仕様が明確であること、単価や数量が明確であること、見積りを取る前にしっかりと現場を調査していること、同じような項目が書いてあり無駄な請求がされていないか等を見てください。
業者によっては同じ項目が名前を変えて複数書かれていることがありますので、詳細な見積りを出してもらうようにしましょう。
しっかりとした提示対応してくれるかどうかが業者の質を見極めるポイントです。

工事費以外のコストも選ぶ材料です。
業者のサービスの違いで工事費以外のコストで差がつく場合がありますので、工事費以外を含めた総額での比較も重要です。

このように相見積もりをとるのは当たり前ですので、納得いく見積りで選びましょう。


この記事をシェアする
TOPへ戻る