リフォームやリノベーションの注意点

マンションのリフォームの注意点

マンションのリフォーム

マンションは一戸建てと違い他の入居者さんと共有している部分が沢山あります。

共用部分が多いマンションでは、いかにして専有部分を規約に沿ってリフォームできるかがポイントになります。
リフォームが出来ない共有部分ですが、破損での修理や交換などは所有者がしなければならない場所もあります。
その部分は専用使用部分と言い、共有部分を所有者が専用に使用している場所で、所有している部屋に隣接しているのですがリフォームできません。
例えば玄関のドアやベランダ、窓などがそれにあたります。

しかし、各マンションで規約が違いますので、共有部分以外でもリフォームできない取り決めになっているマンションもあります。

このように所有者でも勝手にリフォームできない場所があるのです。

マンション独自の取り決め

マンションの管理規約にはリフォーム時の様々な取り決めがあります。
それは、そのマンションだけの取り決めもあり、専有部分だからといっても自由にリフォームできなかったりします。
管理規約には工事の申請や許可だけではなく、工事のやり方や工事に使う材用まで決めてある場合があります。

注意したい部分は、規約の中に理にかなっていない取り決めがある場合です。
例を挙げますと、指定業者以外の出入り禁止や浴室の改装の全面禁止などです。
このような規約を理由もなく決めてしまっているマンションもありますので確認しておきましょう。

他にも分電盤の色々な上限が決められている場合もあります。
分電盤の容量や給湯器の大きさなどです。
管理組合に相談しましょう。


この記事をシェアする
TOPへ戻る